FC2ブログ
09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

洟垂れ小僧が行く

  // 

「四十、五十は洟垂れ小僧」まだまだ洟垂れの自転車乗りです

勝地峠に行こう 

20160815205815833.jpg
今にも雨が振り出しそうな上石津付近。

昨日、勝地峠を目指して自転車を走らせました。

いろんな方のブログとかによく登場する勝地峠、実際にどういうところか気になっていた。

勝地峠は養老山脈の北側の上石津町、一之瀬から下多良を結ぶ旧道に存在します。

家を出たのは夜中の3時頃
夜明け前に揖斐川を越えた。ちょっと眠いです。
201608152351133f3.jpg

養老町に入るとすっかり夜も明けた。
201608160001187d7.jpg

養老山脈をみると雲行きが怪しい。
いつ雨が降ってきてもおかしくないです。
今更引き返せないので突入します。
20160815231935e3b.jpg

上石津中学校の横から林道に入り、登りが続きます。
2センチ長くなったステムによって、登りが楽になった気がする。ただ平地走行は少しハンドルがふらつく、首もちょっと痛いような…
慣れれば解消するかな。

途中、伊勢街道の石碑があります。
20160816001459e52.jpg

程なくすると、勝地峠に到着。
201608152317131c6.jpg


立て看板も確認。
勝地峠のいわれなどが書いてある。
関ヶ原の戦いで敗れた島津軍の敗走ルートだったらしい。そういう歴史のある峠。
20160816001834fb1.jpg

朝早いからかもしれませんが、誰も通らない静かな峠です。
2016081600250162a.jpg

帰路は裏二之瀬経由で
なんとか天気は持ってくれた。
2016081600284727e.jpg

曇っていても暑いので、水を浴びます。
何かいつもより水量が少ない。
20160816002849d62.jpg

水場から気持ちよくダウンヒルすると、途中でミラーが無い事に気づいた。
またやってしまった!おそらく水場で落としたに違いない。下ってきた道を引き返し、登るはめにorz
201608160028509d2.jpg

やっぱりあった!
良かった。昨年はキャンプ場で落として行方不明、今年もなくすところでした。
20160816002852afe.jpg

雨に降られることもなく、なんとか無事帰還。
後半は眠気と補給不足でバテました。
夏場の130kmは体に堪えます。
20160816004020950.jpg

神社、仏閣の清水は街中の熱中症対策には持って来い。体中に水をかけて体を冷やすことができる。
もちろんお賽銭も忘れずに。
20160816004022081.jpg

勝地峠、ひっそりと趣のある峠でした。

坂は苦手で嫌いですが、TIMEだとか、足付き無しとか、そういう事にこだわらないようになったら、峠にはまって来ました。
次はどこの峠に行こう。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

ポタリング  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

コメント

こんばんは。
タイムや脚付きにこだわらないヒルクライム楽しそうです!

私もタイムを意識してギスギス登っていると「自分はなんのために走ってるのか?」とふと馬鹿らしくなることがあります。山にしかない風の流れだったり、野生動物のうめき声だったり・・・そういったものを五感で感じられる余裕をもって走りたいなと思っています。その余裕があれば不要な事故も回避できる気がしますからね。

URL | hamo #-

2016/08/16 19:18 * edit *

hamoさん
ありがとうございます
峠にもいろいろな楽しみ方がありますが、私はゆっくり自然や景色を楽しみながら登る方を選択しました。
そうやって楽しんでいればTimeもちょっとは短くなる?なーんて欲張りな事を考えるオヤジです。

URL | kanz #-

2016/08/16 21:07 * edit *

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kanzfocus.blog.fc2.com/tb.php/214-2f621cff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top