FC2ブログ
07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

洟垂れ小僧が行く

  // 

「四十、五十は洟垂れ小僧」まだまだ洟垂れの自転車乗りです

キャンプツーリング2日目~嶺方峠断念 

20160801231524f6f.jpg

キャンプツーリング2日目
白馬村グリーンスポーツの森にて

早朝、山岳部か登山サークルの団体が動き出して、騒がしくなり目が覚めました。
早めに出掛けたかったので丁度良かった。
201608012315292b6.jpg

夜の雨も上がって白馬三山も見えてきました。
201608012315295b9.jpg

20160801231528931.jpg

この日に目指すは嶺方峠
今は白沢峠と言うらしいです。

白沢峠は長野市側から登って白沢隧道を通り抜けると、目の前に広がる北アルプスの大パノラマで有名な場所なのです。

今回は逆からではありますが行ってみたい。

期待を胸に行くと、、、

ガーン!(゚Д゚)
201608012342132a0.jpg

ちょっと時間短縮のため迂回路を来たのが失敗でした。
今更正規ルートに戻るのも時間が、、、
最終日の事を考えるとなるべく飯田に近い場所で泊まりたい。そう思って迂回ルートにした。

嶺方峠は断念を決断。

機会があれば残雪が残る春にまた来よう。

大町街道で大町市へ向かうことに
結構きつい坂です。
20160801234212dc2.jpg


水場で水浴び

熱中症対策として頭から水をかぶって体を濡らしながら走ってました。
水が気体になるときに周りの熱を吸収してくれる。いわゆる気化熱というもので熱中症を乗り切ります。
結構効果ありです。
2016080123421342c.jpg

大町市に入りました。
201608012342397c0.jpg

未だ店は空いていない
20160801234212a97.jpg

20160803002749190.jpg

数え切れない道祖神を通り過ぎながら
いっきに松本まで目指します。
201608030027519e1.jpg

20160803002752b30.jpg

穂高、安曇野を経て
201608030106140b6.jpg

20160803010615786.jpg

松本城到着
松本城の回りはスマホをいじっている人だらけ。
何かと思ったら、ポケモンGoのようだ。
写真には納めませんでしたが、ちょっと異様な風景でした。
20160803002753721.jpg

20160803002755f14.jpg

さらに松本から伊那、箕輪を目指します。
最終日は飯田峠を越えて自走で帰りたいと思っているから、なるべく飯田の近くまで行きたいところ。

塩尻からは三洲街道を走りました。

善知峠で知多から伊那までトランポで来たというローディさんにお会いした。

このツーリングで初めて自転車乗りと話をした。
やはり真夏に走る人は少ないようです。

日本海と太平洋の分水嶺になる。
ラブホテルの看板かと思った。
201608030127257b7.jpg

ここから箕輪までいっきに下って
キャンプ場へ
ちょっとした丘の上にあります。
201608030742119ea.jpg

ながた自然公園 キャンプ場
テント持ち込み2,000円

昨日よりお高い料金
201608030742118d7.jpg


こんな感じのテント場
向かいに民家があるけど苦情とか無いのだろうかと余計な心配をしてしまいます。
20160803074355d42.jpg

雷がゴロゴロと聞こえるので、木の近くは危険。
ちょっと離れた所にした。
20160803074213bec.jpg

キャンプ場横には温泉があります。

キャンプとは不便さを楽しむものだというのが持論でしたが、最近は弱くなった。

温泉にやシャワーがあると嬉しい。
20160803074234c82.jpg

遂に自炊も面倒になってきた。
風呂上がりにミニソースカツ丼をいただきました。
20160803074214620.jpg

こうなって来ると、わざわざ重いテントや自炊道具は持たずにユースホステルとかに泊まった方が良いのではないか?とも考える。


さて翌日は飯田峠を越えて自宅まで約200km
その翌日は仕事がある

やっぱり早めに帰りたい
(悲しいサラリーマンです)

ということで予定変更して夜明け前に出発することにした。
実はこの計画が翌日の失敗を招いたのでした。

3日目へ続く

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

自転車旅  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kanzfocus.blog.fc2.com/tb.php/212-2bbc7cd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top