FC2ブログ
07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

洟垂れ小僧が行く

  // 

「四十、五十は洟垂れ小僧」まだまだ洟垂れの自転車乗りです

中山道トレース 御嵩~武並 

20160717165744f9a.jpg

旧中山道の伏見宿~大湫宿を自転車でトレースしました。

もちろん舗装路には逃げません。
担ぎ、押し歩き覚悟です。


伏見宿、御嵩宿は難無く通過

伏見宿
2016071720155897e.jpg

御嵩宿
20160717201559cee.jpg

山が近くなって来ました。
中山道は川の氾濫を避けて敢えて山奥を通るルートになっています。
20160717211233937.jpg

石畳登場
ここは以前来ました。
その時は押し歩きがイヤで迂回しましたが、今回は行きます。

謡坂(うとうざか)は歌いながら登った坂とのことです。頭の中で歌いながら押し歩き♪
20160717211234554.jpg

湧き水の名前も歌つながり。
残念ながら飲めそうな水ではない。
201607172140125c3.jpg

謡坂を越えて舗装路はほんのいっとき
直ぐに押し歩きとなります。
201607172152084e7.jpg

なかなか自転車に乗れません。
20160717215208200.jpg

2016071721521037f.jpg

鴨の巣の一里塚
20160717215211b80.jpg

201607172209148c7.jpg

細久手宿へ
20160717220915784.jpg


20160717221701f0a.jpg

弁財天の池
201607172219103ed.jpg

ここからまた難所が始まります。
琵琶峠です。
2016071722190972b.jpg

石畳は歩き辛いです。
特にここの段差は大きいので、押し歩きというより担ぎとなります。
201607172240361cb.jpg

20160717221911e7b.jpg

一里塚を越えて暫くすると頂上となった。
20160717224429379.jpg

201607172244279c7.jpg

下りもやっぱり石畳orz
20160717224038896.jpg

琵琶峠は30分かかりました。
20160717224432673.jpg

大湫の二つ岩
巨石に圧倒されます。
20160717225305080.jpg

大湫宿に到着
ようやく自転車に跨がるもヘロヘロ状態
20160717225306c9f.jpg

琵琶峠の次は十三峠が始まります。
十三峠はアップダウンの多い峠で、幾つものアップダウンに坂の名前が付いてます。
20160717225309c9a.jpg

20160717230810727.jpg

20160717230811b91.jpg

峠はゴルフ場の真ん中を通るので、OBのゴルフボールが網を越えて街道に転がってます。
ヘルメットをしていないと危険。
20160717230812e47.jpg

権現山一里塚
この後、突然強い雨が降ってきた。
201607172308149b4.jpg

雨は小降りになったが、時間は10時。
いつも通りシンデレラなので、今回はここまで
20160717232616f78.jpg

武並より輪行
20160717232617f93.jpg

またいつか続きを走らなければ。
いや、“歩く”だ

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

街道を行く  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

コメント

お疲れ様です。旧中山道に沿った県道を走ったことありますが、なかなか険しい道程で琵琶峠の石畳は一歩踏み込んで撤退を決めたほどでした(汗)

そして十三峠は華がないのに険しいという打ちひしがれる道と聞いています。自転車を持って越えてみよう!とすらとても思えないので、kanzさんの冒険心にただただ感服するのみです。そのメンタルが欲しい(汗)

URL | hamo #-

2016/07/18 00:10 * edit *

hamoさん
ありがとうございます
ただの無謀おやじです。

今回はほぼ歩いてました。歩いて制覇すれば良いのですが、時間短縮のため自転車を使っているという感じです。

琵琶峠は石畳が残り歴史を感じる道でしたが、十三峠は酷かった。歴史ある街道にゴルフボールが打ち込まれ、街道をカート車が横切るという驚きの光景が有りました。

実際に行くとこうした事も見えますね。

URL | kanz #-

2016/07/18 08:50 * edit *

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kanzfocus.blog.fc2.com/tb.php/208-7e190ac9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top