07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

おやじの自転車奮闘記

  // 

ブルべに挑戦中のおやじ

新車購入 

20150830_03.jpg

小学4年生3年生の息子のためにようやく自転車購入

自分が自転車で遊びまくって、息子をほったらかしていたわけではないのです。

本人があまり欲しがらなかったので、今日までずるずると来てしまったわけです。

購入したのはブリジストンのシュライン
20150830_05.jpg

自転車屋に行くと小学生向けの自転車はほとんどがモトクロス風の自転車

あえてクロスバイクを購入
クロスバイクの方が長く乗れそうだから
20150830_02.jpg

公園で練習
20150830_04.jpg

未だ公道に出るにはふらついていて危ない
20150830_01.jpg

来週から特訓だ

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ: 自転車

ジャンル: 趣味・実用

その他  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

夜遊びライド 

20150823_03.jpg

昼間は暑い
KS活動もある

だったら夜走ろうと、四日市コンビナートの夜景へ
四日市コンビナートには国道1号経由で向かいます

20150823_01.jpg


コンビナートに近づくには名四国道を走る事になりますが、夜の名四国道は恐ろしいので名四国道は歩道を走ります

交通量は少ないが、時々走って来るトラックが100K近いスピードで過ぎていく

歩道で良かった~

20150823_02.jpg

20150823_04.jpg


カップルがたくさんいたら嫌だなと思ったら、釣り人の方が多かったです

写真撮ってたら、「自転車のライト消してもらえませんか」って怒られました

20150823_05.jpg

往復101KM
夜10時に出発して、翌朝4時頃名古屋到着
ちょっと遊び過ぎました
良遊びは程々にしましょう
20150823_06.jpg


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ポタリング  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

八百津 蘇水峡へ 

20150815_09.jpg

朝5時出発で八百津蘇水峡へ

なるべく林道など涼しそうな道でルートを引いてみた
我ながらバリエーションに富んだルートで楽しかったです



八百津は自転車で初めて
写真に撮りそびれましたが、八百津の町は風情ががあっていいところでした。

旧八百津発電所
重要文化財に指定されている
20150815_01.jpg


杉原千畝記念館のある人道の丘公園へ
激坂を上って辿りついたモニュメント
20150815_02.jpg

こんな上まで登ってきたのか
20150815_03.jpg

丸山ダムに到着
AM7:30 誰もいません
20150815_04.jpg

20150815_05.jpg

トンネル内で分岐している珍しいトンネル
今は一方は通行止め
20150815_07.jpg

ここが蘇水峡です
20150815_10.jpg

この蘇水峡から御嵩へ抜ける県道358は車も走っていなくて、木陰を走るので涼しい
登りもそんなにきつくは無い
結構おススメです

可児までは涼しかったのですが、犬山付近に来た時には暑くてダウン
20150815_12.jpg

可児以降自宅までのルートで涼しい道は無いものか

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ロングライド  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

リムテープチェックしなくては 

先日、休日出勤で自転車通勤しようと自転車をみると、
タイヤがぺったんこになってました。

急いでいたので原因も確かめもせず慌ててチューブ交換すると、
”プチッ!プシュー” 

????

良く調べたら、原因はコレでした↓↓
20150814_01.jpg

こりゃパンクするわ

1年は使用していたので多少凹んでたかもしれませんが、キャンプツーリングで荷物を乗せてさらに凹んだ様子。特に後輪がひどい。

空気圧が高すぎたのかもしれません。

まあツーリング中じゃなくて良かった。

これからは遠出する前はチェックしなくては。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

キャンプツーリング2日目 水場を求めて150Km 

20150805_01.jpg

2日目は寝坊、慌ててテント撤収。
帰路は自走なので早めに出発して暗くなる前には家に帰りたいところ。


平瀬温泉
旧白川街道沿いにある集落。いいところです。
帰り際に地元のおじさんに声をかけて頂いた。

最後に「また来てよ!」 「はいまた来ます」
20150805_02.jpg


御母衣ダムです
このダムの下にはいくつもの村が水没している。
水没から救い出された桜があの荘川桜。
20150805_03.jpg


この時期、蕎麦の花がきれいに咲く
荘川にあるダナ高原という所の蕎麦畑を見てみたいのですが、ダナ高原は関係者以外立ち入り禁止となってしまっている。

そんな中、どこかに蕎麦畑は無いものかと思いながら走っていたら発見!
往路では気づかなかった。
国道156号と158号の交差点付近、蕎麦畑が広がってました。
20150805_04.jpg

20150805_05.jpg

巨大5連水車、日本一の大きさだそうです。
20150805_06.jpg

往路とは違うルートで帰りたいので、一色の森を越えて鷲ケ岳の麓を抜けていくルートを引いてみました。
これが結構きつかった。
20150805_07.jpg

頂上は高山市と郡上市の境界でした。
20150805_08.jpg

高原の道を登ったり下ったりして白尾に到着
ここまで水場などもなく、ちょっとハンガーノック気味になりました。

街道ならいいタイミングで水場があったりするのに、、、
ここはスキーリゾートのために作られた道路、何もありません。
昔よく利用しましたけどね。(私をスキーに連れてっての時代)
20150805_09.jpg

ようやくオアシスに辿りつく。
白尾ふれあいパークに到着。
たまらず2日目も氷を頂いて生き返る。
20150805_10.jpg

腹も減ったのでけいちゃんも頂きました。
20150805_11.jpg

長良川はアユ釣りの全盛
そういえば渓流釣りしたくて竿持ってきたのに使わなかった。
釣りがしたい、というか冷たい川に入りたい。
20150805_12.jpg

郡上八幡に寄り道
20150805_13.jpg

川で泳ぎたい
20150805_14.jpg

マンホールは可愛らしいアマゴ
20150805_15.jpg

美濃までは国道を避けて少しでも涼しい川沿いを行きます
下り基調でもっと楽に走れるかと思ったら、生温かい向かい風が結構きつかった。
20150805_16.jpg

ここからは水場探しとなりました。

この水場は水量も多く最高!!頭から水を浴びました。
風呂おけに裸になって浸かりたいという衝動に駆られていたら、アユ釣り帰りのおじさんがウェダーを洗いにやってきた。
アユは12匹釣れたとのこと。
20150805_17.jpg


美濃が近くなって来た頃、もう水場はないかと思ったら、未だありました。
おそらくここが最後。
水桶ごとかぶろうかと思ったら、桶の中にヒルがウヨウヨいた。
危ない危ない。
恐る恐る顔を洗って最後の水場を楽しむ。
20150805_18.jpg

ようやくうだつの町並みに到着
あともう少し
しかしここからは市街地、もう暑さはピーク
脚は元気でも体が重い
20150805_19.jpg

だらだらと走ってたら、夕方のラッシュにかかってきてしまい、交通量も増えてきました。

犬山に着いたら夕方になってしまったので、無理せずゆっくり帰りました。
20150805_20.jpg


2日目のルート


次回キャンプは涼しい時期にしよう。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


自転車旅  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

キャンプツーリング1日目 サイクリング列車で楽々 

20150804_00.jpg

自転車を購入して2年半、ようやく購入した当時からの念願だった「自転車旅」に出かけました。

当時はランドナーにしようか、ジャイアントやルイガノのツーリング車にしようか等と迷っていた。
とにかくテントと寝袋を積んで旅をしたかった。
そしていくつかの店を回ってアドバイスを頂いて、総合的に判断した結果、多目的に使えそうなシクロクロスを購入。

その後、自転車購入してから気付かされた。
旅なんかしている時間なんて無い!という事。

そりゃそうだね。
まだ子供も小さいし
いつかチャンスがあったら行こうと決意

シクロクロスにして良かったのはタイヤを替えればロードバイクっぽく変身できる事。ブルべも走れる。

ブルべも楽しい、でもたまにはのんびりと長距離を走りたい。

そしてその日が来ました。1泊だけですが。
1泊でも充分。初めから欲張りません。

行き先は岐阜県荘川村とした。

全行程自走だとあまり遠くに行けないと思い、往路は長良川サイクリング列車を活用。
一度乗ってみたかったのです。
輪行袋に入れなくてもそのまま乗車できる。
20150804_01.jpg

平日は始発のサイクリング列車はなく、8:36出発、美濃白鳥10:08着
少し遅い出発となってしまうのは残念

やはり平日なので他にサイクリストはいない。

電車は空いてるかと思ったら、登校日なのか、部活なのか、高校生でいっぱい。
自転車を立て掛ける場所も占領されている。
通路に行って空けてくれー!と言いたいが気弱なおじさんは言えない。

仕方なく、電車入り口の中央付近で自転車を支えたまま仁王立ち。
何処までこのままの態勢でいなければいけないのか?(重い、、、)

数駅目で一斉に降りてガラガラとなった。(良かった良かった)
20150804_02.jpg

白鳥に到着
ここから本当の始まり、いきなり暑い!
20150804_05.jpg

20150804_03.jpg

ひたすら長良川源流を目指し登ります。
登ると幾分涼しい。
20150804_04.jpg

ここから日本海に向けての下りが始まります。
20150804_07.jpg

ブルべでは時間がなく、いつも食事はコンビニのパンやおにぎり。
しかし今回はブルベではないので、ゆっくりとその土地の名物でも頂こう。

荘川といえば蕎麦ですね。
20150804_08.jpg
20150804_09.jpg

そして荘川といえば荘川桜
夏は誰もいません。
20150804_10.jpg

さらに荘川でいちばん行ってみたい場所があります。
白山の登山口でもある白水湖
露天風呂もあり、キャンプ場もあって、白山も望める最高の場所

しかし、白水湖へ続く県道451号 白山公園線は豪雪の影響により通行止め。
9月に開通するらしいとの事。また機会があったら来よう。
20150804_11.jpg


寝床は平瀬温泉キャンプ場
シャワーあり、洗濯機あり、なんでもあるキャンプ場、そんなところでキャンプするのはキャンプでは無いと豪語していた昔の自分はもういません。

もういい大人ですから。
ゲリラキャンプなんてしません。
20150804_12.jpg


テントを設営して、合掌村に遊びに行ってきました。
軽くなった自転車は軽快に走る、しかし暑い!

たまらず氷をいただく
20150804_13.jpg

初めて来た合掌村
極めて日本の風景であるが、周りから聞こえるのはいろんな外国語
20150804_14.jpg

20150804_15.jpg


キャンプ場へ戻る途中、遠くで雷鳴が

そしてトンネルを抜けるとそこは雷雨だった、、、、
20150804_16.jpg

夜は焚き火でもしてゆったりと過ごそうと思っていたのに、雨では焚き火ができない。
テントの中で1人袋ラーメン食べて、なんとも寂しい夜となってしまった。
20150804_20.jpg


翌日は猛暑の中140Km走らなければいけない。
温泉入って、速攻で寝ました。

1日目のルート


2日目に続く、、、、

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


-- 続きを読む --
自転車旅  /  tb: 0  /  cm: 4  /  △top

自転車旅に向けて準備中 

20150802_03.jpg

平日に振替休日を使って自転車旅デビューを予定中。

旅といっても1泊のみですが。

後ろから見ると1週間ぐらい旅するのかと勘違いしそうな荷物。

主な持ち物は以下
・寝袋
・テント
・コッヘル
・ガスカートリッジ
・ガスバーナ
・下着着替え、ソックス、Tシャツ等
・トイレットペーパー
・カッパ
・輪行袋
・替えチューブ2本
・銀マット
・釣り竿
20150802_04.jpg

キャンプ用具は15年ぐらい前の登山用のもの。
現在はいろいろと軽量化、コンパクト化されているが、15年前のものは重いし、かさ張る。
新たに購入する資金は無いのでこれで行きます。

バーナは使用できるかチェック。
最後に使ったのはいつだっただろう?4、5年前?
それでも火力等問題なさそうです。
20150802_06.jpg

こちらは緊急用というよりお遊び用
これを使って火を起こすのに30分ぐらいかかります。
20150802_05.jpg


タイヤもホイール毎交換。
購入時のシクロクロスタイヤへ。
20150802_01.jpg


そしてキャリア付けて、オルトリーブバッグ装着
全部載せるとかなり重いです。重量は7.5KGありました。
後ろにかなりの重量が掛かるので、後形で乗ったりすると前輪が浮いてひっくり返りそうで怖いです。

峠越えはちょっときつそう、、、というか平地も走れるのか少し不安になってきました。
ここ数日の殺人的な猛暑も不安を煽ります。
20150802_02.jpg


出発は火曜日。
緩めの行程で走ろう。

旅は計画している時と出発の瞬間が一番楽しい。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

自転車旅  /  tb: 0  /  cm: 5  /  △top