05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

洟垂れ小僧が行く

  // 

「四十、五十は洟垂れ小僧」まだまだ洟垂れの自転車乗りです

美濃路トレース 垂井曳やままつり 

20170503195047aca.jpg

美濃路は東海道と中山道をつなぐ街道。

宮宿-名古屋宿-清洲宿-稲葉宿-萩原宿-起宿-墨俣宿-大垣宿-垂井で中山道とつながる。

今回は清洲宿からのトレースとなります。


西枇杷島、須ヶ口を経て清洲へ
20170503200542a0b.jpg

清洲の街道沿いで見つけたレトロな病院
201705032020587d6.jpg

2017050320210074c.jpg

稲葉宿も通過して萩原宿へ
20170503202101f33.jpg

静かな街道に時折縫製工場と思われる機械の音が響いていました。当時の活気は失われていますが、まだ繊維の町の名残はあります。
20170503202102abf.jpg

起宿から木曽川を渡って境川沿いを走ります
20170503203655565.jpg

途中にあった看板
20170503203657563.jpg

長良川を渡って墨俣へ
墨俣一夜城跡は初めて来ました
いろんな方のブログを見ていると自分が行ったように錯覚している事がありますが、ここもその一つ
2017050320443225d.jpg

ここから稲葉山城を攻めようとしたんですねぇ
201705032044334a0.jpg

墨俣宿で見つけたレトロ銭湯
いい雰囲気です
もうやってなさそうですが中も見てみたい
20170503204436642.jpg


大垣に入りました
2017050320592694f.jpg

お祭りの山車準備中
2017050320592730b.jpg


最終目的地の垂井に着きました
橋の上で地元のおじいさんと自転車談義
「わしも昔は泥除けとか外して軽くして乗っとたよ」
20170503210242b3b.jpg

今日の垂井はお祭り
豪華な山車が練り歩きます
子供歌舞伎も披露されるらしいです
2017050322234630e.jpg

2017050322210586d.jpg

20170503222106770.jpg


とりあえず山車だけ見たいので八重垣神社へ
場所がわからなくて迷っていたら地元の方が声をかけて下さり教えて頂きました

立派な山車が並んでました
201705032231525c4.jpg

20170503223153e5f.jpg

20170503223155fd1.jpg

2017050322315671a.jpg


垂井宿散策
20170503224556e55.jpg

20170503224158aa7.jpg

20170503224159fa9.jpg

2017050322420127d.jpg


垂井と言えばこの方を忘れてはいけません

竹中半兵衛公
竹中家陣屋跡にて
201705032249268e0.jpg

帰路も街道で
20170503230023341.jpg

昼までに帰る予定が遅くなってしまった
120Km、少々お尻が痛い。 

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
街道を行く  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

中山道トレース 御嵩~武並 

20160717165744f9a.jpg

旧中山道の伏見宿~大湫宿を自転車でトレースしました。

もちろん舗装路には逃げません。
担ぎ、押し歩き覚悟です。


伏見宿、御嵩宿は難無く通過

伏見宿
2016071720155897e.jpg

御嵩宿
20160717201559cee.jpg

山が近くなって来ました。
中山道は川の氾濫を避けて敢えて山奥を通るルートになっています。
20160717211233937.jpg

石畳登場
ここは以前来ました。
その時は押し歩きがイヤで迂回しましたが、今回は行きます。

謡坂(うとうざか)は歌いながら登った坂とのことです。頭の中で歌いながら押し歩き♪
20160717211234554.jpg

湧き水の名前も歌つながり。
残念ながら飲めそうな水ではない。
201607172140125c3.jpg

謡坂を越えて舗装路はほんのいっとき
直ぐに押し歩きとなります。
201607172152084e7.jpg

なかなか自転車に乗れません。
20160717215208200.jpg

2016071721521037f.jpg

鴨の巣の一里塚
20160717215211b80.jpg

201607172209148c7.jpg

細久手宿へ
20160717220915784.jpg


20160717221701f0a.jpg

弁財天の池
201607172219103ed.jpg

ここからまた難所が始まります。
琵琶峠です。
2016071722190972b.jpg

石畳は歩き辛いです。
特にここの段差は大きいので、押し歩きというより担ぎとなります。
201607172240361cb.jpg

20160717221911e7b.jpg

一里塚を越えて暫くすると頂上となった。
20160717224429379.jpg

201607172244279c7.jpg

下りもやっぱり石畳orz
20160717224038896.jpg

琵琶峠は30分かかりました。
20160717224432673.jpg

大湫の二つ岩
巨石に圧倒されます。
20160717225305080.jpg

大湫宿に到着
ようやく自転車に跨がるもヘロヘロ状態
20160717225306c9f.jpg

琵琶峠の次は十三峠が始まります。
十三峠はアップダウンの多い峠で、幾つものアップダウンに坂の名前が付いてます。
20160717225309c9a.jpg

20160717230810727.jpg

20160717230811b91.jpg

峠はゴルフ場の真ん中を通るので、OBのゴルフボールが網を越えて街道に転がってます。
ヘルメットをしていないと危険。
20160717230812e47.jpg

権現山一里塚
この後、突然強い雨が降ってきた。
201607172308149b4.jpg

雨は小降りになったが、時間は10時。
いつも通りシンデレラなので、今回はここまで
20160717232616f78.jpg

武並より輪行
20160717232617f93.jpg

またいつか続きを走らなければ。
いや、“歩く”だ

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

街道を行く  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

下街道から中山道への道 

20160505141339541.jpg
下街道から中山道への旧道をトレースして来ました。

以前、下街道トレースした時は中山道への道がわからず、武並で引き返している。

今日こそは中山道までトレースしたい。

勝川から、春日井を経て坂下へ
中部大横を通り抜けて、尻冷地蔵を過ぎて坂下内津峠を超える。
201605051437491c1.jpg


201605051449248a9.jpg


多治見から土岐への道
分離帯に塞がれた。
旧道をトレースすると、こういう事もある。
20160505152744d0f.jpg

きつい坂を登ると土岐川と恵那山が見渡せました。
20160505145942d89.jpg

土岐口
201605051459429f5.jpg

高山宿
20160505145941d73.jpg

日差しも強くなって暑くなってきました。
最近はまっているドリンク
飲みやすくて、栄養もある。そしてスポーツドリンクより安い。
20160505154109168.jpg
20160505154111e86.jpg

土岐川沿いの橋
20160505154545fbc.jpg

20160505154545edb.jpg

この橋がいちばん好きです。
201605051545463d1.jpg

さて、ここからが未開の地
この高架下をくぐれば中山道の槙ヶ根追分に至るはず。
201605051600252b3.jpg

看板があった。ひと安心。
20160505160813ab4.jpg

予想通り舗装路ではなかった。
そう思ってMTBシューズにしたのです。
201605051608157a8.jpg

600m押し歩きます。
たまには歩かないといけません。
2016050516081697c.jpg

槙ヶ根に到着
20160505161517a3b.jpg

20160505161518b35.jpg

恵那山もよく見えます。
201605051621082eb.jpg

道は石畳になった。
昔の旅人になった気分で歩く。
自転車は馬。
201605051629405cd.jpg

一里塚
2016050516324769f.jpg
ちゃんと反対側にも土盛りがあった。
201605051635030b1.jpg

西行塚と展望台
西行塚は西行法師の供養に造られた塚
201605051639163b6.jpg

2016050516210935d.jpg

十三峠
大湫宿と大井宿の間の難所だった峠
20160505164644c5a.jpg

20160505164642cc4.jpg

恵那大井宿に到着
20160505164645766.jpg

昼ご飯までに帰らなければいけないので、
輪行して帰ります。
20160505165924125.jpg

201605051702214a5.jpg

今度は旧中山道トレースしたいですが、ほとんど押し歩きになりそう。

しかし歩かないと足腰弱るから、たまには歩かないといけませんね。

下街道トレースルート


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

街道を行く  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

与川道 空振りライド 

P_20150923_134207.jpg
柿其から南木曽岳を望む

先日のシルバーウィーク最終日、西の大和街道を散策するつもりでしたが、直前に気が変わり、木曽の与川道に変更しました。

与川道(よがわみち)とは中仙道のう回路で三留野から野尻宿、須原宿へ続く山奥の道。

与川道の風景をしっかり写真に収めてブログで紹介するつもりが、なんとデジカメにメモリーが入っていなかった!!
しかも野尻に着くまで気づかずに撮影を続けていました。(T_T)

メモリーが入っていないならエラー表示するとかして欲しい。
早くに気づいていればスマホで撮影できたのに、、、
ソニーに文句を言いたい。(他責にするダメ人間)

とりあえず、スマホで撮影した画像だけで報告します。

夜明け前、4時頃に出発、中仙道はなるべく旧街道を辿りながら走る。
9時頃に馬籠に到着。(これはスマホで撮っていた)
P_20150923_093927.jpg


妻籠を越えて三留野へ、そして与川道に入る。

この間の画像はありません。

文才が無いので与川道の風景を文章で伝えられない。
某カリスマ自転車ブロガーさんのように絵も描けない。
いつかもう一度走ってお伝えします。

フォレスパ木曽阿寺で昼食。
ここでメモリーカードが入ってない事に気づく。10枚以上撮影したはず、、、
P_20150923_125756.jpg
木曽駒ケ岳も雲に隠れて見えず。さらにテンション↓
P_20150923_130548.jpg

テンション落ちたまま恋路峠を登り切る。
P_20150923_133028.jpg

この失敗ライドを早く終わらせたい。
中津川までは惰性で走るのみ。
P_20150923_153035.jpg

そして輪行して勝川に到着。
P_20150923_174914.jpg

今回は旧道はロードタイヤではきつそうなので舗装路を行きましたが、次回リベンジする際はシクロタイヤで旧道をトレースしたい。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

街道を行く  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

下街道探索 

先日のブルベで切れてしまったリアギアのワイヤーですが、ショップで修理してもらいました。

ワイヤーの頭が取れて、コントロールレバー内に絡んで残ってしまっていた。
もしかするとレバー交換しないと駄目かも、、、との店長の一言

冷や汗が、、、、( ̄_ ̄ i)タラー

しかし、店長さんはじめ、店員さんやら出入りの業者さん?総動員でワイヤーの頭を取り出しに成功!

ありがとうございまーす!

ワイヤーが左右色違いになってしまいました。
20150616_16.jpg

そして伸びてたチェーンもついでに交換してもらって、お財布が涼しくなりました。
20150616_17.jpg

本日は振替休日
早速、自転車の調子を確認するため、下街道探索へ行ってきました。
子供たちが学校から帰って来る2時には戻らなくてはいけないので、目指すは釜戸駅まで。

19号の上を通り抜けて内津峠を越えます
20150616_15.jpg

多治見本町を探索
古い町並みが残ってます
20150616_03.jpg

右側の建物は元は銀行だったそうで、今はおしゃれなパン屋です
中には喫茶もあります
帰りに土産でパンでも買っていこうと思って、帰りに寄るの忘れました。
20150616_02.jpg

20150616_10.jpg

20150616_09.jpg

この近辺は昭和の臭いがします
萌えますね~この建物
20150616_08.jpg

この商店街も昭和の臭いがプンプン
20150616_11.jpg

駄菓子屋風のあられ屋さん
20150616_12.jpg

ずっと探索していたい街でした。

目指すは釜戸、下街道に戻ります。
下街道沿いには土岐氏発祥の地もあります。
20150616_07.jpg

20150616_04.jpg

釜戸近辺に来ると小雨が降ってきました。
20150616_06.jpg

田園風景は気持ちいい
もっと先まで走りたい
しかし、時間は11時近い、もう戻らないと2時に間に合いません。
20150616_05.jpg

帰ろう

釜戸に来たら、釜戸地名の発祥の地である神社にも寄りたかったのですが、幼稚園児の団体さんに占拠されておりスルーしてきました。
またの楽しみとします。

ギアとチェーンは調子いいです。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

街道を行く  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top