03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

おやじの自転車奮闘記

  // 

ブルべに挑戦中のおやじ

BRM422中部300km DNF報告 

20170423113555753.jpg

4月22日AR中部さんのBRM300kmは予想通り?DNFとなりました。


ルートは瀬戸から静岡県森町まで往復
当初ルートは大多賀峠経由でしたが、災害の影響で伊勢神峠経由に変わりました。
20170423114434725.jpg

AR中部の300kmで思い出すのは2年前の「やっぱり南信が好き」

同じような結果となったが、2年前の方がきつかった。
今回は行けそうな気がしたのだが。


今回もichiさんはMTBで出場
チームMTBで走るとの事
20170423123107add.jpg

いきなり苦手な雨沢峠からスタート
1人旅始まり
当初ルートでは戸越峠だったのだが
20170423130043165.jpg

何とか伊勢神峠にたどり着いた
余裕があれば旧トンネルに行ってみたかった
201704231304063aa.jpg

これと言って特徴の無い単調な山道が続く
20170423130851cc8.jpg


何とかブログに乗せれそうな風景を見つけては撮影
20170423130854536.jpg

有名な桜名所だろうか
下調べとか全くしていなかったのでよくわからない
201704231308552a0.jpg


9時スタートのMMRさんに追いつかれ、少し話した後、いつも通りものすごい勢いで登り坂を駆け上がって行かれた。
伊勢神の旧トンネルも行かれたとの事。
さすがですね~
20170423132117315.jpg

静岡県に入ってからの小さい峠
小さいけど脚にこたえる
201704231325258bb.jpg

浜松市の筍はコレ
井伊直虎さん
井伊直虎紀行を計画しなければ
20170423132924d60.jpg

天竜川を超えて
20170423133424749.jpg


201704231334260e6.jpg

17:30PC2に到着
18:12クローズなので少し貯金はある
20170423133427665.jpg

大休憩しないつもりだったが、イートインも充実しているのでついつい

あまり食欲が無い
この時にもっと食べておくべきだったかも知れない。
2017042313342877f.jpg

PC1出発後に異常な眠気が襲って来た
今思えばハンガーノックの症状だったかも
201704231402396aa.jpg



真っすぐ走れないので歩道に非難
20170423133430c61.jpg

ふらふらしながら走っていたらPC3のクローズ時間に間に合わなくなってしまった
あきらめて手前のバス停で寝る事に
2017042313343191d.jpg

これが活躍する場面が来てしまった
20170423133433314.jpg
寝転がって布団のように被っても暖かくない
パッケージの写真みたいに座って頭からかぶるものらしい
銅像のように寝た

夜明け前に起きてDNFの連絡を入れ、どうやって帰るか思案。
ブルベルートをそのまま走って帰る気力は無いので、飯田線の駅まで下る事に。

飯田線大海駅の始発で豊橋へ
豊橋からは新幹線でラクラク輪行
20170423142220441.jpg

今回の敗因は補給の失敗
脚は残っていただけに残念

このあとブルベどうしよう

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
ブルベ  /  tb: 0  /  cm: 7  /  △top

ブルベ下見ライド(大多賀峠) 

20170402134403027.jpg
 
3月11日の200kブルベの後、ずっと自転車乗ってませんでしたが、ようやく今日出動出来ました

 次回エントリーした中部BRM422は三河方面の往復で獲得標高推定5185mもある。

貧脚の自分としては出走前からあきらめモード

しかしそれではいかんと、事前にコースを下見して完走目指して作戦を練る事としました

 三河方面は、午前中の限られた時間で走るにはちょっと遠いので、香嵐渓までトランポ
今回はおそらく走るであろう大多賀峠を下見


朝もやの中出発
さら足で登る峠は気持ちいい!
 
2017040214151724a.jpg 

 峠練習されている方は結構いました
残念ながらほとんど挨拶無視
ここはこういう所かな?
 

20170403224335742.jpg

殆ど眺望の無い三河の山奥ですが、ほんの少し眺望がありました
201704021415205aa.jpg
 

峠越えていっきに設楽までダウンヒルかと思いきや、未だ登ります
次第に残雪がちらほら
 
20170402142850cbf.jpg 

段戸湖
フライフィッシングに興じる方々
ちょっとかじったことがあるが、難しくて続かなかった。懐かしみながら鑑賞
20170402142852cfb.jpg 

 設楽までは行きたかったが時間的に難しい
このあたりで引き返すことに
20170402144343c4e.jpg 

 ヒルクライムのご褒美の眺望はあまり無かったので、五平餅をご褒美としよう
2017040214395496a.jpg
 

店の名前がバス停の名前
20170402143951cfa.jpg
 

バイクハンガーもきちんとあります
20170402143953661.jpg
 

お年寄りのご夫婦が切り盛りされている

 「昔はオートバイが多かったけど、最近は自転車街道になったねぇ」と言われていた
 

特に今日は多い
復路で数十台とすれ違った
皆さん気さくに挨拶して頂いた
早朝は本気モードの方々だったようです 

 陽気もいい
梅がきれいに咲いてます
201704021439578d7.jpg
 

帰路は足助町の古い街並みを通過
香嵐渓は紅葉だけ混雑するかと思ってたら、春も観光客多いです
 20170402152458b75.jpg

20170402152459b4b.jpg



20170402152501c42.jpg



2017040215250298f.jpg 

 さて肝心なブルベに向けての作戦は? 

 コンビニが無いので補給は要注意

 峠の登りは相変わらず遅いので、いつも通り下りで挽回するしかない
 

問題は復路、復路の下りは夜間となるので、速度は見込めない、しかも登りはさら足ではない。

となると、峠以外でいかに稼ぐかがカギでしょうか 

まぁ当たって砕けろ!ですね 
エマージェシーシートだけは忘れないようにしよう。

ブルベ  /  tb: 0  /  cm: 4  /  △top

BRM311北恵那200Km 楽しめないブルベ 

2017031209081176f.jpg

3月11日AR中部の山岳ブルベに参加。
過去2回DNFしているブルベ。

どうしてもこのブルベは完走したい。

坂が登れないおやじの3度目の挑戦です。

コースはこちら
20170312090812c96.jpg

201703120914326cf.jpg
前半のオオボス、根の上高原を制覇出来れば何とか行けるはず。ただPC2のクローズは13時、自分の脚で間に合うのか微妙なところ。


作戦は以下の3点
平地、下りで少しでも稼ぐ
コンビニ休憩はしない
PCでも休憩はしない

さぁ いざ出陣!
20170312093103376.jpg

スタートは6時
20170312093753e00.jpg

あの方はいない
エントリーしなかったのか?
7時スタートかな?


前半の戸越峠は何度も走った事があるので、楽々クリア。坂が遅い私でも牛蒡抜きが出来た。


PC1手前の坂でペースダウン。
さっき牛蒡抜きした人たちにどんどん追い抜かれていく。

そんな中、一人だけ私の後ろにぴったり付いてくる人がいる。余程の貧脚かアクシデントを抱えた人かなと考えながらしばらく走る。

途中で気付きました!

MMRさんでした!

一緒にPC1に到着。

買い物済ませてさっさと出発するも
お疲れ~!
と疾風のごとく走り去られたMMRさん
20170312095157f68.jpg
すご過ぎる、、


大正ロマンに浸る事無く通過
久々に浪漫亭のメイドさんに会いたかった。
20170312101403906.jpg

岩村城下町に入りました
201703121017442c4.jpg

名物の土産を買われる方、五平餅を堪能する方、写真撮影される方、みんなブルベを楽しんでいる。
201703121022067d7.jpg

ここから始まるオオボス攻略に向けては立ち止まって撮影している時間も惜しい。
走りながら自撮り。
20170312102208e2b.jpg

20170312102828086.jpg

201703121028306d1.jpg


日本一景観農村の見える場所
さすがにここに立ち寄るブルベニストはいない。
20170312103453718.jpg


オオボス攻略の始まりです。
斜度のきつい坂が6Kmほど続きます。
20170312103454e4c.jpg


開始早々エネルギー切れ


羽根が生えますように
20170312103456964.jpg


しっかり雪も残ってました。
下り坂は要注意です。
201703121034570f6.jpg



登ったどー!

20170312104456491.jpg



登り始め17キロだった平均速度は15キロ切ってしまった。15キロ以上を維持しないと完走出来ない。

後半の登りも考えると16キロ以上に戻さないとヤバいです。

さぁ下り坂で稼ぐぞ!
ここが一番気持ち良かった。
201703121059218f0.jpg


中津川宿到着
ここも素通り
20170312111445728.jpg


苗木城跡へ
殿かと思ったら未だ団体さんがみえた。
201703121110230d4.jpg

PC2までの最後の登り
201703121121237b3.jpg



PC2何とか時間内に到着!

12:45分、あと15分でクローズでした。
2017031211212431a.jpg


さらにここから付知を経て七宗へひたすら下り坂です。
2017031211283632a.jpg


ね、眠い

単調な景色が眠気を誘う。
20170312112837a25.jpg


16時PC3到着!
あと36キロ

時速15キロ以下でも完走出来る。

ここで7時スタートの激重クロスバイクのichiさんに遭遇。お互いの無事を喜びながらゴールを目指します。
20170312114353a89.jpg


交通量の多い美濃加茂市街地を抜けて、多治見の採石場へ、以前19号を走らずに多治見から春日井へ帰る道を開拓したルートをブルベで走るとは思わなかった。

このルート、初めて走る人は不安になるだろうなぁ
201703121155447b6.jpg


20170312115545ec2.jpg



定光寺に着いた時には暗闇に

ヘロヘロで写真もブレてます
後半に定光寺の激坂は止めて欲しい
2017031211591415d.jpg


脚着いたら最後、押し歩き必須の坂


付きました
20170312115916816.jpg


緩い坂もインナーでノロノロ


7:04完走
スタッフの皆様、ありがとうございました。
201703121206302d9.jpg


完走は出来たのは嬉しいですが、
あまり楽しめないブルベとなった。

常にガーミンと睨めっこ
景色やご当地グルメなんかを楽しみながら走れる余裕が欲しいところ
20170312121238d85.jpg

帰り際、ichiさんと会話。
やっぱり今年で止めようか?

緩いの走りましょう!

300キロはどうしたものか?

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村






ブルベ  /  tb: 0  /  cm: 6  /  △top

BRM212松阪 自信喪失ブルベ 

201702140021494a1.jpg

BRM212松阪 12時間54分 ギリギリ完走

完走しても嬉しくない。
こんなはずじゃ、、、という気持ち

想定では11時間をイメージしていました。
想定とは異なりアップダウンが多かったのですが、それでもギリギリになるとは情けない。


今回、お仕事仲間のichiさんも参加。
ブルベの世界に引きずり込んだのは私ですが、今はichiさんはSRに手が届こうとしている。
20170213222406057.jpg

今回、MTBを改良に失敗して重量が半端無い状態になってしまったとの事。

ちょっと持ち上げましたが15キロ近くは有るんじゃないかという重さ。

いつもブルベでは置いてかれますが、今回は付いて行けるのではと淡い期待を持って出発。
201702132226063c3.jpg


やっぱり一人旅が始まりました。
20170213224040c5d.jpg

一人旅は気楽で、自分のペースで走れる。
そして好きなところで写真撮影もできる。

野見坂峠より海を望む
201702132246070bc.jpg

ここは無人チェックポイント。
誰か知らないけど写真撮影。
撮影した写真が証拠になる。

ちなみにこの方は河村瑞賢という江戸時代の商人さんです。
201702132253575fe.jpg

このチェックポイントで7時30分スタートのMMRさんに捕獲されました。
相変わらずお速い。走りながら少し話して、一瞬のうちに坂を駆け上がっていかれた。

ここまでで平均速度は18キロ台、自分にしてはまずまずのペースなのだが、何故か7時スタートグループの殿になっている。

気にせずマイペースで撮影しながら走ります。
20170213231534470.jpg

賢島に到着
20170213231535a5b.jpg

賢島には立派な駅がありました。
サミットのために整備されたのでしょうか。
2017021323175173c.jpg

約100キロ走って平均速度は17キロ台に。
帰りの向かい風と信号地獄を想定すると、少し黄色信号が点滅しだした。

それでも呑気に写真撮影
20170213232346491.jpg

20170213232348652.jpg

ここはクイズポイント
この石碑を見つけて詩の一部を答えるというもの。

これを探してまた時間が削られていく。
前を走っていた女性が見つけてくれて助かった。
201702132323479b7.jpg

20170213233120b9d.jpg

後半は前方の女性と抜きつ抜かれつ走る事となった。
話を聞くといつもギリギリで完走しているとのこと。
201702132324292f9.jpg

アップダウンの連続と眠気でペースはどんどん落ちていく。

前夜は自走は危険と判断して夜間輪行でネットカフェで仮眠した。
しかしほとんど眠れず。その影響で眠くてふらついていた。

ギリギリペースに引き込まれてしまったようだ。

ヘロヘロの状態で賢島駅に戻ったところで、なんとichiさんに遭遇!

待っていてくれたのかと思ったら、睡魔が襲ってきてペースダウンしたとの事。

昨年の紀伊半島一周の600kmブルベでの寝落ち落車のトラウマがよぎって不安に苛まれていたそうです。

こんな私でもそういう時は救世主に見えるらしい。

ここからは二人でゴールを目指すことに。


これが最後の写真
二見浦付近だっただろうか
201702140001001ca.jpg



これ以降はもう必死でした。

前からは風に煽られ、後ろからはトラックに煽られ

なんとか、ichiさんと女性ライダーと3人でゴール!


帰りは特急輪行
201702140001028a6.jpg

名古屋駅から自宅までの道のりはフラフラになりながら1時間近くかけて帰着。

もし自走で行っていたらどうなったんだろう?
これが300キロとか400キロならと考えるだけで寒気がしてきます。

なんかきつい200キロでした。

メンタルボロボロ
ブルベ引退がよぎるオヤジです。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村





ブルベ  /  tb: 0  /  cm: 6  /  △top

BRM604敦賀300Km 雨のちポタリング日和編 

201606062130313db.jpg

BRM604敦賀300Kmの第二編です

前日夜の雨もからりと上がり、気持ちのいいサイクリングが始まります

もう山越えは無く、後は平坦コースを150キロ走るのみです
20160606213029464.jpg

手取川沿いを日本海に向けて走ります。
本来なら気持ちいい堤防沿いのポタリングですが、この単調なルートが眠気を誘います。
20160606215017fbc.jpg

ふと左後方を見ると、白山が凛々しくそびえていた
少し眠気が覚めた
201606062130320d8.jpg

無事日本海へ
20160606222430a7c.jpg

今回クイズポイントというのがありました
オダ近ではよくあるのでしょうか
初めての事です

きちんと近道とかせず、その場所まで行ったのかの証拠のために、ある看板の文字をブルベカードに記入して来るというもの

「○○○、あやしいひとを見たら110番」という看板の○○○がクイズの答え
居合わせた人たちとうろうろと探し回って見つけました
20160606223804b73.jpg

何人かの方と抜きつ抜かれつ走る
だんだんと顔と自転車が一致して来る
20160606225536654.jpg

看板に敦賀の文字が!
近くなってきた
20160606225537339.jpg

PC3は7時43分に通過
2時間以上の貯金がある

余裕で日本海のリアス式海岸を楽しみながらの観光気分
2016060623104609d.jpg

20160606231434985.jpg

PC4は12時6分通過
貯金はおよそ3時間30分!

敦賀まではあと40キロほど
こんな余裕のブルベは今までにない
2016060623333148b.jpg

最後の通過チェックは14時1分
これまで抜きつ抜かれつだった人たちともブルベ談義に花が咲き、一体感が生まれる。
20160606232707350.jpg

ただ私この時、暑さで結構疲労してました
そしてここから悲劇が始まります

ここからはルートをしっかり確認せず、ただひたすら前について行くのみ
20160606232710970.jpg

妙にきつい登りが続くけど最後にこんなきつい登りがあったかな?と少し疑問に思うも、疲労で判断能力が鈍っている

しかも後半のコースは事前にシミュレーションしていないからよく頭に入っていない

そのまま木の芽トンネルを通過

写真に収めていたのに気付かない
本当は逆方向へ下るのが正解
201606062355577a8.jpg

先行者はどんどん進んでいき、おいてかれてしまった

トンネルを抜けてかなり下った所で、はっ!と気付く

このルート違う!
行きと同じルートだからガーミンも警告音が出ない

かなり下ったけど、もう登れる脚は残っていない、、、

6キロほど押し歩きました(x_x)

市内にたどり着くもゴール地点もわからず徘徊
結局ゴールは16時38分

道を間違え無ければ15時頃にはゴール出来たでしょう

オダックス近畿のスタッフの皆様ありがとうございました
20160606235555570.jpg

ところで先行していた2人はどうなったのか?

帰路に色々と思い出してたら、トンネル内で2人の自転車乗りとすれ違ったこと思い出しました

暗闇で車もたくさん走っていたのでよくわかりませんでしたが、きっとあのお二人が先行のブルベニストだったのでしょう
最後に挨拶出来ず残念でした。

今回の反省
・天気予報はあまり当てにしては駄目
・防寒防水は大事
・過信は禁物
・事前のルート確認を怠らない
・GPSばっかり頼らない

当たり前の事ばかりですが、恥ずかしながらこれが出来ていなかった
肝に銘じます

今年のブルベはこれで終わりです
多分、、、、

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ブルベ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top