07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

洟垂れ小僧が行く

  // 

「四十、五十は洟垂れ小僧」まだまだ洟垂れの自転車乗りです

サドルがやってきた 

20170820212853b50.jpg
英国よりサドルが届きました。

クロモリロード用に購入したサドル。

10日間の旅を経て本日到着。
過酷な旅であった事を外箱が物語っています。
201708202128471ef.jpg


中身は大丈夫だろうか


無事でした。
201708202128587c0.jpg
Brooks England cambium c15 carved slate


今の自転車のサドルは完成車のまま変えていない。

初めて乗った当時は30分でお尻が痛くなって座れなくなってしまったが、その後慣れたら痛くなくなり、今日に至っている。

今回、自転車も変わるが、サドルも変わる。

革製にしようか迷ったが、ゴム製にした。

穴あきでロングライドも安心?
20170820212850790.jpg


早く座ってみたいです。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

クロモリロードへの道2 

201708100013430f7.jpg

暑さで頭がやられたのか?
クロモリロードを発注してしまいました。

もっと先のつもりだったのですが、いろいろと考えた末、今でしょ!という結論に至ったのです。

年々年は取る、人生何があるのかわからない。
ずっと健康でいられるかもわからない。

先に延ばせば延ばすほど乗れる機会は損失していると考えたわけです。


以下検討の記録を残しておきます。

1.どんな自転車にするか?

用途はのんびりポタリング、もしかしたらブルベ?

欲しいクロモリ自転車
①ビンテージ感がある
②なるべく軽量(今のバイクより重くならない)
③そこそこ走る(街乗りや床の間飾り仕様じゃない)
④総額30万円台迄

完成車では無くフレーム買いにする
後からパーツ交換するくらいなら始めから欲しいパーツで組んでおきたい。


2.フレームは何にするか

こんなのや、あんなの

デローザ
20170731134424487.jpg

カサティ
20170731143243b23.jpg

ミュラー
20170731142924e5b.jpg

舶来品はお高いなぁ
国産がいいかな

東洋フレーム
20170731135206f7c.jpg

タイレル
2017073113522786a.jpg

ミヤタ
20170731144206403.jpg

うーん悩む
ちなみにフレームオーダーは私には敷居が高いので候補からは外しました。

そうだ
○○○○にしよう!(納車されたら公開します)
自分の中では候補にも上がらなかったブランド、
何度か見てたら気に入ってしまった。
不思議な魅力がある。


3.コンポーネントは何にするか

シマノならアルテグラですが、ビンテージ感が無い。やっぱりシルバーコンポが欲しいので、カンパニョーロにしよう。

カンパニョーロにはアテナというクロモリの細身のフレームに合うクランクがあるのですが、フルモデルチェンジしてポテンツァというものになってしまったらしい。

そのクランクがこれ
20170731152812d8b.jpg

何かクロモリフレームに合わない気がする。

クランクだけこれにしてはどうか?
Tradizione belloクランク
20170731215407a35.jpg


3.ホイールは何にするか

クランクと同じTradizioneならシルバーで統一可能。
20170731224805175.jpg

しかし、カンパニョーロZondaの方が剛性があるとの事。
見た目も重要ですが、走りも気にします。

勿論機材で走りが変わるほどの乗り手ではないことは承知していますが、気分的には少しでも早く走れる機材にしておきたいのです。


とりあえずその他ハンドルやシートポストなどはNITTOで揃える。



ここまで決めて、いざ見積もりへ

まずは某大手自転車店で見積もりを取ってもらいに行って来ました。

そして出てきた金額は税込み、工賃込みで予算オーバー。
一つ一つのパーツの金額を調べるとネットでは3割~4割安い。しかしネットで買って持ち込むと工賃は倍になるとの事。

自分で組むか?
そんなスキルは無い。

後日、同じ構成で別のショップで見積り依頼したら5万円も安くなりました。しかもカンパニョーロアテナの在庫有りとの事。

決定!

9月に納車予定

さて、置く場所(隠し場所)を作らなければ!

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
その他  /  tb: 0  /  cm: 4  /  △top

2017キャンプツーリング3日目(野辺山・清里)  

20170724230216377.jpg
野辺山高原 山梨の木にて


キャンプツーリング3日目、野辺山と清里を経て、一気に塩尻まで帰る予定(だった)

今回のツーリングは1日のライド時間を短くする方向で計画してますが、最終日だけは下り基調なので100キロ超えのルートになってます。

天候も含め、なかなか思い通りに行かないのがキャンプツーリングです。

3日目の朝、昨晩の雷雨は過ぎ去ったのですが、スタート前に後輪がスローパンクしてました。
どこから抜けてるのか不明の為、チューブ交換。
20170724232145f13.jpg

朝靄の気持ちのいい森林を走り抜けます。
天気はよろしくない。何とか持ちこたえて欲しい。
201707242324514c5.jpg

2017072423245372a.jpg


帰路は下り基調ですが、峠越えもあります。
20170726214159f86.jpg

このあたりがピークかな
201707262142007c3.jpg



峠を越えて野辺山高原へ

北海道のような景色が広がっています。
20170726215708a0d.jpg

20170726215709426.jpg

20170726215711b08.jpg

20170726215712b46.jpg

樹齢250年の山梨の木
春には綺麗な花が咲くらしい。
やっぱり春に走りたいですね。
20170726220359d60.jpg


小雨が降り出した頃、野辺山駅に到着。
駅で折り畳み自転車を組み立てている女性ライダーと遭遇。小雨の中、茅野市方面へ走るらしい。
こんな雨の日に走らなくてもと思いながら、人のこと言えない私です。
20170726222033062.jpg

JR鉄道最高地点で記念写真
201707262220352bc.jpg

こちらにもあった。
20170726222036247.jpg


雨は強くなり濃霧に包まれ、先が見えない。
下り坂でもスピードは出せず、ほぼフルブレーキングの状態で腕が疲労してしまいました。
201707262220379ab.jpg


霧と小雨の中を走り抜けながら清里に到着。
学生の頃に来たことがあるが、おしゃれな店もかつての賑わいは無く、閉店している店もチラホラ。
2017072622495897b.jpg

20170726224959065.jpg

201707262250007d0.jpg



清里からも小海線をたどりながら走ります。
昔、小海線に乗って冬の松原湖にワカサギ釣りに来た事がありますが、その時に車窓から見た夕日の富士山が忘れられません。

確か清里付近だったはずですが、この日の天候では見えるわけが無い。残念。
20170726225002a42.jpg

20170726225003ced.jpg


小淵沢にある巨大な道の駅で足湯に浸かって休憩。
201707262305168ee.jpg

ここから先は信玄棒道に沿って県道を走ります。
信玄棒道は武田信玄が開発した軍用道路です。戦国時代にここを走り抜けて上杉謙信との戦に向かったのかーと感慨にふける。
201707262305189c0.jpg

長い緩い坂が続きます。
もし晴れていたらと思うとゾッとする道です。
日影が全く有りません。
ココだけは天気悪くて良かったと思う瞬間。
20170726230519d2a.jpg


登り坂を越えると、棚田地帯の下り坂を気持ちよく走り抜けてれば、あっという間に茅野市。
20170726231730998.jpg

20170726231731387.jpg

20170726231736476.jpg


茅野市からは国道20号は通らずに並行して走る旧街道を走ります。
20170726232404843.jpg


諏訪市にてコンビニ休憩
予定では塩尻にあるレトロな銭湯に入って輪行する予定でしたが、雨雲レーダーを確認すると、この先岡谷から塩尻にかけては雨足が強そうだ。
20170726232407f5e.jpg

諏訪湖近辺の温泉をスマホで検索していたら、なかなかの私好みの温泉を発見。
諏訪からの輪行に変更決定!

温泉を探して商店街をふらふら
20170726232406325.jpg

ご近所らしきお方に聞いて発見しました大和温泉。
銭湯では無く温泉です。
すぐ向かいには福祉センターが有り、サウナ付きの立派な温泉が入れるらしい。
しかし、敢えてこちらの温泉に入りたいのが私の性分。
20170727205725289.jpg

脱衣場のロッカー
20170727205728d5b.jpg

浴槽は2~3人が入れるくらいの大きさ。
右上にはなぜかマジンガーZ。
20170727212142c8e.jpg

宇宙戦艦ヤマトは大和繋がり?
2017072720572713b.jpg

貸切状態でゆっくりと入れました。
料金は300円。
ツルツルのいい温泉でした。

塩尻からは特急しなのでビューっと帰路へ
(しなのは通路が狭いので縦置きタイプの輪行袋でないとシートの後ろには入りません)
20170727212144119.jpg




今年も無事帰りました。
来年こそは春先がいいなぁ

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
-- 続きを読む --
自転車旅  /  tb: 0  /  cm: 4  /  △top

2017キャンプツーリング2日目(白州~瑞牆山)  

20170724150649ff8.jpg
久々の自撮り。(拡大しないように)

2日目は瑞牆山を目指したキツイ登りとなりました。

距離は短いが、登りで相当時間が取られる事を予想して、ファミリーが起きる前の早朝にキャンプ場を後にします。
20170724152557d0c.jpg

20170724152556d0b.jpg


道祖神に見送られて出発。
20170724152559539.jpg


須玉町を通り増富温泉方面へ
甲斐源氏発祥地らしい(諸説あり)
20170724153241623.jpg

20170724162356554.jpg

20170724162358221.jpg

塩川ダムまでは止せばいいのに遠回りルートを引いてしまった。(途中で後悔)


この坂が最悪でした。日影は無く、道の舗装もよろしくなく、斜度も7%近くあり、それが直線で続いている。ほぼ歩きました。
201707241910277de.jpg



歩き疲れてどうにも腹が減ったのでカレーをそのまま食べて復活。
201707241717590e7.jpg


登っても登ってもダムに着かない。また腹が減りかけた頃にラーメンののぼりを発見。
20170724171801fd6.jpg

こんな山奥でラーメン屋があるとは。
2017072417180297f.jpg

店内の様子。
イノシシや熊に囲まれてその肉を食べます。
2017072417180447e.jpg

塩ラーメンを注文
あっさりスープのちぢれ麺で、疲れた体には丁度良いお味でした。鹿肉も入ってました。
20170724172600565.jpg


ラーメンで元気を貰って塩川ダム到着
来なくてもよかったかな。
20170724174216df7.jpg

20170724174218d02.jpg


ダムから少し登ったところに増富温泉があります。

湯治に訪れた人用の民宿や売店で夜の食材を購入。
20170724175122f39.jpg

20170724175123977.jpg

渓流沿いをさらに登ります。
2017072417523401e.jpg

こういう所に来ると釣りがしたくなります。
実際、釣り人がたくさんいました。
20170724175239b37.jpg

瑞牆山が見えてきました。
20170724184642d8e.jpg


8時間程掛けてようやくキャンプ場到着。
残念ながらシャワーは無かった。温泉は自転車で行くには遠すぎるので、今日はお風呂なし。
20170724184319a6b.jpg

芝生が気持ちいい
2017072418464504d.jpg

深田久弥の日本百名山では「まるで針葉樹の大森林からニョキニョキと岩が生えているような趣である」と表現しているが、まさにその通りの山容です。
201707241843245c2.jpg

テント設営している頃、遠くの空でゴロゴロと嫌な音
201707241853322c5.jpg

そして激しい雷雨
201707241856209e0.jpg

201707241856226fb.jpg

201707241856239ce.jpg

雨雲レーダーを見ると、ヤバイ
20170724185625f1f.jpg

雷雨の中、ご米炊き込みます。
201707241900304f8.jpg

この日はスープパスタとトマトとチーズ、デザートは桃。
201707241900310b3.jpg

ご飯は親子丼に。
米はちょっと芯が残っている。
標高が高いところではかなり前から水に漬けておかないと上手に炊けません。
20170724190032975.jpg

晴れていたら星空がきれいな場所だけに残念。
諦めて寝ましょう。

3日目に続く

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
自転車旅  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

2017キャンプツーリング1日目(塩尻~小淵沢)  

2017072323175155f.jpg

第3回目となるキャンプツーリング。
今年は信州八ヶ岳方面です。

毎年5連休を取る事が義務づけられていますが、取れる日がどうしても仕事の都合でタイミングが夏になってしまいます。
そうなると暑いので標高を上げるしかありません。

今回は1日に走る距離を短くして、のんびりライドを楽しむ事に。果たしてそうなったのか?


神領駅始発で塩尻まで輪行。
塩尻駅がスタート。
2017072323391854e.jpg

旧街道をたどりながら走りますが、スタートして直ぐに坂を登ります。
後ろを振りむくときれいな木曽駒ヶ岳が見えました。
2017072406252303f.jpg

塩尻峠を越えた。
今回のキャンプツーリングは行く先々に信玄の名前が登場します。
20170724063349fb5.jpg

塩尻峠を越えて行くと、諏訪湖が望めます。
20170724070353484.jpg

激坂をフルブレーキングで下りながら諏訪湖到着。
201707240708445be.jpg

諏訪湖畔をのんびり走ります。
201707240708469db.jpg

諏訪大社上社で安全祈願
20170724080601373.jpg

20170724080603a85.jpg

20170724080812e2c.jpg


原村には長い登りが続きます。
暑さも増してキツイ。
201707240819248b1.jpg

田園地帯をゆるゆと登ります。
予想外につらい。
201707240834242f6.jpg


八ヶ岳が疲れを癒やしてくれる。
20170724081926920.jpg



信濃境にある井戸尻遺跡に寄り道。
2017072408192893e.jpg

縄文時代中期の遺跡です。
芝生の整備をしていた方に「日本一周かね?」と聞かれてしまった。そんな風に見えるのかな。ちょっと荷物多すぎ?
20170724083808ccb.jpg

20170724083810724.jpg

遺跡の周りの棚田や水車の雰囲気がいい。
20170724083810918.jpg

201707240845253d9.jpg



そして1日目の最後は小海線小淵沢の大カーブで有名な撮り鉄の名所。
ここで電車を待ちます。

鉄ちゃんがいっぱいいるかと思ったら誰もいませんでした。
20170724085940bfb.jpg

おっ来ました。
20170724085941aa6.jpg

逆光で上手に撮れません。
20170724085942f04.jpg



あちこち寄り道してたら、すっかり夕方に。
20170724091756ead.jpg

キャンプ地は白州(サントリーの工場がある所)
ファミリーの多いキャンプ場で、隣には温泉もある至れり尽くせりのキャンプ場。
20170724092427964.jpg

自転車のライトをコンビニの袋に包んで吊すとランタンになります。わざわざランタンを持って来なくてもこれで十分です。
20170724092335f4b.jpg

夜ご飯は食欲無いのでそうめんと味噌汁のみ。
20170724092336dea.jpg

翌日はきつい登りが控えている。
瑞牆山を目指します。

続く

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
自転車旅  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top